人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

馬と一緒に

去年の振り返り、まだ続いてました
最後は、地駄曳き(じだびき)

旦那さんが、新人馬方として、お2人の馬方さんに学びはじめた年でもありました
b0072651_10222095.jpg


山から切った木を、馬が運びだす地駄引きと言う伝統技術があります
遠野には2人の馬方さんいらっしゃいます。
全国的にも減っている馬方さん、遠野でも後継者不足の問題がありました。

森も機械化が進んで、大きな機械であっと言う間に木を切り
重たい木を、何十本もトラックに乗せて、運び出せる時代です
 でも、この大きな機械を山に運ぶ為には、機械が通れる道を作らないと行けなくて、
道を作ると言う事は、木を切って山を削ります
日になんども大きな重機が通り、土を踏み固めていくと
その道は自然の力では、もとに戻らなく
とても山を痛めます。

馬は、機械が通れない場所にも入れ
運び出す為に道を作る必要もなく、石油も使わない。
山を痛めない、自然に優しい搬出作業です
山を大事にする人は、地駄曳きで木材搬出をお願いする人もいるそうです

この、伝統を絶やしてはいけない!と、
馬の先輩でもある友人や県が立ち上がって
去年、「遠野馬搬振興会」が設立されました
(その研修生として、お声をかけていただいたのです)

年末最後の日は
馬方歴60年近くになる盛治さん(74歳!)と馬の盛(さかり)との日で、
私も見学させてもらいました

朝、トラックから、盛を降ろすと馬装をして
現場へ向かいます
b0072651_9525162.jpg

b0072651_10461186.jpg
現場に着くと、すでに切った木があり
b0072651_958619.jpg

一本づつ引き出し
b0072651_10441199.jpg
繋げ
b0072651_10512410.jpg

この道を
b0072651_1034148.jpg

降りていきます
b0072651_10371826.jpg



人間だったら一本の木ですら運びだせない長くて重い木を
5本6本とつなげて、運びだす馬の力には
見ていてドキドキします

馬の盛と、盛治さんの関係は
馬を道具として扱うのではなく、お互いがパートナーとして
想いあって信用している関係が
見ているほうにも、しぐさ、動作で伝わってきました
b0072651_1055439.jpg


盛治さんは、いつも私にも声をかけてくれます
「とおちゃんいなくても、一人でもあそびにこ(おいで)」
「今かあちゃん、うちさいるから、お茶してけ」
馬の道具の説明をとても丁寧に、突然お話しだしたり
私が森にくっついて来ても、うれしそうにしてくれるし
なんでだろうと思ったら、
馬方は、奥さんの支えあってこそ
なのだそう。

だから私にも、馬の事、地駄曳きの事を
惜しまず教えてくれるんだなぁ
と、その話を聞いた後の、見学だったので
改めて、1トン近い、大きな馬と、急斜面から木を出すこと、
重くて大きな木を扱う事、自然の中の作業は命掛けだと感じました

いつか、馬と一緒の暮らしが始まったら、
お家に帰ってきた時は、ホッと落ち着け場所にしよう
人だけじゃなくて、馬にも、安心できる厩舎(お家)に帰ってきてもらおう
馬方は旦那さんだけじゃなく、私もなんだと
大事な事を盛治さんに教わりました

自分の育った古里の自然を守りたいと、旦那さんが選んだ道
山を守るという事は、その下にある田畑を守る事につながります
海だってそう。
私もその道に大賛成で歩んでいこうと思う。

(自然や山の事書こうと思ったのに、なんか違う話になってまった…ま、いっか☆)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
by sheno27jp | 2011-01-22 09:12 | 馬.動物

冬の薪の駅

うちの隣の薪の駅

b0072651_20493671.jpg
うまっこもすっかり雪の帽子をかぶっています



はせ掛け、自然栽培米発売中です! b0072651_1794985.jpg  
無農薬、無肥料
土と水と自然の力だけで育った
植物本来の生命力がいっぱいの
自然栽培米ササシグレ、あきたこまち
発売中です!
詳しくはこちら☆


にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
by sheno27jp | 2011-01-19 21:30 | 風土農園だより

生麹が出来た!

自然栽培米ササシグレで作っていただいた生麹が出来ました
b0072651_2217940.jpg


去年の11月、東京のデイライトキッチンへお米の販売に行った時
ジョンさんのツアーで知り合った方にササシグレをお買い上げいただきました
お話していたら、お米として食べるのではなく、甘酒をつくる、と。
伺うと、甘酒は
飲む美容の点滴とも言われているほど肌や体にいいことたくさん!
生きた酵素がたっくさんなのだそうです
お米で美肌になれるとはっ!
私も、作り方を教えていただき、帰ってすぐ作りました

教えていただいた作り方は、麹と白米とお水だけで
お砂糖をいれなくても、お米の糖分で甘みがあり
とっても美味しい!
お祭りの夜店にあるような、甘みの強い甘酒とは別物でした

以来、すっかり甘酒や麹の凄さに、はまってしまい
最初は、麹を買って作っていたのですが
自分のお米で甘酒や麹料理が出来たらいいな、と思いました。

そこで、
遠野で、150年お味噌と麹作りをされているお味噌さんに
お話したところ、早々に作っていただき、
ササシグレの生麹第一弾が出来上がりました!
うれしい!!

お味噌、お酒、お酢、みりん、醤油…と日本の調味料の要である麹
それを、ササシグレで作れると思うとワクワクします
麹の事、発酵の事、まだまだ勉強不足ですが
日本が誇る発酵文化を10年20年、時間をかけて知って
自分の味を作っていけたらいいな、と思っています

東京で甘酒のお話を聞いた時から、
もう麹の事で頭がいっぱいで(笑)
遠野へ帰る日、新幹線の中で何か麹の事を知れる本読みたくて
立ち寄った本屋さんで素敵な本に会いました
b0072651_2022949.jpg


麹の事、料理、わかりやすく、おいしそうに載っています
最近は、行く所、みんなに麹の話をしているもんだから
この本もいつもカバンに入っています


そして素敵なお店を知り(この話はいつか!)
お米の大先輩には、麹の作り方を教えていただきました(この話もまた!)
今年は自分でも、麹を作ってみよう
どうやら、私の2011年は発酵イヤーなりそうです


☆生麹、次回は1月末に作っていただく予定です
少しですが、お出し出来る分あります
500g/840円 
関東の方でしたら、1~1.5kgまで送料640円でお送り出来ると思います
お味噌作りの季節です!手作りお味噌にいかがですか?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
by sheno27jp | 2011-01-16 20:30 | 麹♡糀

手作業の田

まだ続きます! 去年振り返りその3
写真は友人の子供
どろんこまみれ!
b0072651_12203966.jpg


去年も一番小さい田んぼは、全て手作業でやりたくて、
苗は田んぼの隅に苗代を作り
b0072651_1246835.jpg
流れてくるお水だけで育てる折衷苗代で育てました
b0072651_1247383.jpg


田おこしも、こんなフォークのようなもので。
b0072651_12533511.jpg
荒くおこすと、土の中に空気が入って乾燥し、水を張る前の土作りにいいそうです

代掻きも機械ではなく、足で。
田植えでは
苗代から苗を取り、植えやすいようにまとめて
b0072651_13335758.jpg

植えてる人に投げて渡したり、こういう手作りの船に乗せて苗を運びます
b0072651_130396.jpg

機械の時代に全て手作業で、
そして、実家の前の田んぼでやってるもんだから
近所の通る人みんなに笑われ驚かれました。
でも効率、収量重視ばかりが農業じゃないと思ってます
いつもケンカばかりの親子でも、一日田植えをして、お昼やこびるを食べていれば、
会話も増えるし、お互いがんばったな、ありがとうって感謝の気持ちも湧いてきます
手作業だと、機械の上からじゃ伝わらない、自分の田の土の感触、様子、がどんどん伝わってきます

普段ゲームが好きだ、と言っていたちびっこだって
田んぼに足を入れたら最後、夢中になって遊んでいました
b0072651_13445419.jpg

田んぼは、お米を作る場でもあるけど
家族や友人、人との絆を作る場所でもあると思います

近所の笑って、驚いていた人達も
次第に、「昔はこうやっていたんだ」ってアドバイスや、昔の道具を持ってきてくれたり
一緒に手伝ってくれたり、
秋には先日のブログで書いたオーガニックツアーのみなさんや、
夫の姉が陶芸教室の先生、お仲間さんと来てくれ
いろんな方に稲刈りをしていただきました
b0072651_14311547.jpg

これからも、手作りの田んぼを作っていけたらと思っています



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はせ掛け、自然栽培米発売中です!
b0072651_1794985.jpg無農薬、無肥料
土と水と自然の力だけで育った
植物本来の生命力がいっぱいの
自然栽培米ササシグレ、あきたこまち
発売中です!
詳しくはこちら☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
by sheno27jp | 2011-01-12 11:42 | フウドのお米
去年振り返り、その2
夏と秋には100% organic のジョンムーアさんと
自由大学「100%オーガニックフードを自分で育てる」
卒業生さん達がオーガニックツアーとして遠野に来てくれました
夏の写真がないので
秋のお話になりますが
ツアーの2日目、折衷苗代、手植えで育てた田んぼの稲刈りを手伝っていただきました
b0072651_15321837.jpg
男の人達は、力のいる作業、はせをたててもらいました
b0072651_15374620.jpg
はせ掛けして、みんなで撮影!
b0072651_1545173.jpg
これで終わりと思いきや、
いったんお家に戻って昔ながらの脱穀を少し体験してもらいました
b0072651_1548147.jpg
b0072651_15492475.jpg

その後、今回、みんなが泊まれるようにと
うちから歩いてすぐの古民家を、持ち主さんが開放してくれ、そちらに移動。
宿の駐車場で、夕飯は、新米とジンギスカンを囲み、
古民家の持ち主さんが「まさか」と言う美味しいダシが出るきのこを使った
汁物を振舞ってくれ、地元の人と交流会(宴会)。
さらに場所を古民家に移し、ジョンさんのギターあり、
持ち主さんとのセッションあり貴重で楽しい宴会が朝方近く?(笑)まで続いたそうです
(私は旦那さんを置いて、途中で帰宅)
b0072651_12221349.jpg

翌日は又一の滝登山に私達夫婦も同行させていただきました
丁度紅葉の綺麗な時だったので、
自分の物じゃないのに、この景色を見てもらえて
誇らしいような、嬉しい気持ち♪
b0072651_23215274.jpg
b0072651_2325481.jpg



ツアーでいらしていただいた方とお話していると
食や環境に対する意識がとても高い。
私達も偽わらないで、よく見せようって無理もしないで自然栽培を見てもらえるよう
普段の農作業も気持ちが引き締まります。
都会では浸透している、自然栽培、自然農も、田舎ではまだまだで、
知らなかったり、否定的だったり。
遠野でやられている方も一桁の人数しかいないと思います
なので、自分達のやっている事や畑、田んぼを見て
興味や関心をもってもらえるのが、ただただ嬉しいです
田舎だから、都会だからと場所なんて関係なく、同じ意識の人達が
つながって広がっていけるのは、ほんと嬉しい。

ジョンさんは初めてうちの畑を見た時、土を食べました。
成長の悪い野菜があったら、その野菜を見ないで、周りの雑草を食べて
なぜ成長が悪いか考えていました。
農業は哲学だ!と言っていました
とんでもない人に出会えた年でした

ジョンムーアさんナチュラルクエスト インタビュー
http://naturalquest.org/flash/interview_06.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はせ掛け、自然栽培米発売中です!b0072651_1794985.jpg無農薬、無肥料
土と水と自然の力だけで育った
植物本来の生命力がいっぱいの
自然栽培米ササシグレ、あきたこまち
発売中です!
詳しくはこちら☆



にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
by sheno27jp | 2011-01-10 22:06 | 風土農園だより

農家民泊をしました

朝起きると、流しに溜めてたお水が凍ってました
お天気がいいのに、今日は日中でもずっとマイナスの気温。
畑の畝にも綺麗に雪が積もっています
b0072651_2345732.jpg


去年は、新しく始めたことや、素敵な出会いが沢山あったのに
農作業や、パソコンがつながらなかったりで、そのままにしていたので
年が明けましたが、少しづつ振り返れたらと思います

新しく始めた事1つは
遠野山・里・暮らしネットワークさんに声をかけていただき、
中学生や、高校生を受け入れ、農作業のお手伝いや、田舎の生活を一緒に体験する
農家民泊をさせていただきました

初めての受け入れは春でした
千葉の中学校、女の子4人です
あっちも緊張、私達もど緊張、どぎまぎしながら始まりました

お話をしていたら、おたまじゃくしを見たことがない、触ったことがない、と。
それを聞いた夫は「よし!見よう!触りに行こう!」と
女子4人が引く中、田んぼへ

最初は恐る恐る一人触り二人触りでしたが…
by sheno27jp | 2011-01-07 22:08 | 風土農園だより

ヤドリギの知恵

「正月にこれ飾れ~」
b0072651_1674080.jpg
と、山に詳しいおじちゃんが持ってきてくれた植物は
冬なのに、茎も葉も青々としてて、実が付いてるので珍しいなぁ~と思ったら
私のうちにもたくさんあるぞって指さした先は
b0072651_16393080.jpg
ヤドリギでした
b0072651_1692147.jpg

ヤドリギって木の上の方にあるので、遠くてどんなものかわからなかったけど
蔓のようなのが絡まってモシャモシャしてるのかと思ってたら
こんなに可愛い姿でした
真冬でも枯れない、ヤドリギは縁起ものらしい
でも、そう簡単に取れる場所にはないので貴重なんだそうです
b0072651_16215819.jpg

この可愛い黄色い実は粘りがあるので
鳥が食べてフンをすると、ポトンと落ちないで、ネバッと落ちるので
運よく木に落ちればそこで発芽して成長するそうです
ヤドリギ凄い!

ヤドリギは木の栄養をもらって成長しているから
木が枯れるのであまりよくないんだよ
と、聞きますが、
木からは水分だけもらって、成長に必要なものは自分達で作って大きくなってる
と言う話も最近聞きました。
うちはほとんど栗の木にヤドリギありますが、栗の木元気です
後者の説を信じたいなぁ~と思ってます(調べればいんですけどね☆)

☆☆☆☆☆☆☆


はせ掛け、自然栽培米発売中です! b0072651_1794985.jpg無農薬、無肥料
    土と水と自然の力だけで育った
    植物本来の生命力がいっぱいの
    自然栽培米ササシグレ、あきたこまち
    発売中です!
    詳しくはこちら☆
by sheno27jp | 2011-01-05 16:00 | 日々いろいろ
あけましておめでとうございます
大雪、大荒れの年末で
年明けはどうなることかと思いきや、とっても気持ちのいいお正月が過ごせました
b0072651_16472948.jpg

昨年は年明け早々、一軒家に引越し
風土農園としてスタートした年でした
旦那さんは、切った木を山から馬で運びだす「地駄曳き」
b0072651_17194147.jpg
を学びはじめ、
私も農家民泊や、学生さんの受け入れ、郷土芸能の神楽、
とたくさんの貴重な経験をさせていただきました
そして、動物が苦手だった私が始めて飼ったにわとりに夢中になったり!
b0072651_17381592.jpg
自分でも驚きありの、とっても充実した一年でした

2011年も、自然にやさしい農業、生活を自分達らしくしていけたらと思っています
今年もよろしくお願いします
b0072651_16492090.jpg

このワイルドな門松は年末に友達が門松作らない?
と材料を持ってきてくれました
全部、近所で採れたもの、生えていたものばかりの門松!(笑)
こんな事が出来る遠野の生活も今年で4年目になりました
毎日楽しく暮らしています!
by sheno27jp | 2011-01-04 16:44 | 風土農園だより

◇ 風土農園 ◇    岩手県遠野市で無農薬、無化学肥料、無肥料の自然栽培でお米作りをしています。 自然に優しい農業、自然と寄り添った遠野の生活を綴っています FB:https://www.facebook.com/tonofuudo/  


by 風土農園