カテゴリ:フウドのお米( 34 )

そんなこんなな訳で
遅れに遅れた今年の稲刈りですが、
嬉しい事が沢山ありました。

6月にみんなで手植えした田の稲刈りを今年はイベントとして
呼びかける事が出来なかったのですが、
10月最初の週末に東北食べる通信チームが手伝いに来てくれたり
b0072651_6405561.jpg
b0072651_6411377.jpg

後日この田んぼをバックに
東北農民管弦楽団さんご一行が正装して来年のコンサートポスターの撮影に来てくれました
草だらけのはせ掛けでポスターにする背景には申し訳なかったですが、みなさんバッチリの農民スーツスタイルでかっこよかったです。
b0072651_7573042.jpg

終わってからお礼にとその場でバイオリンを弾いて下さいました。
b0072651_758358.jpg

東北農民管弦楽団さんブログ

その後しばらく柵作りで間が空いてしまい
ほんともう慌てての稲刈りが始まったのですが
それを聞きつけ毎日いろんな方がお手伝いに来てくれました(泣)
b0072651_7303817.jpg
b0072651_7311860.jpg
b0072651_732534.jpg

この時期農家でなくても、みんな忙しいのに仕事のお休みの日や
空いた時間に来てくれ、足を運んでくれた事が
気にかけてくれた事がとてもとても嬉しかったです。
(鈴木のすーさん、カシ–フレンドリーのだいすけさん、強君、家富ちゃん、
まいかちゃん、りょうこちゃん、おちょうさん、そしてほどんど毎日来て頂いた
古屋の山田お父さんありがとうございました!(泣))

今年は夏の草取りが全然追いつかず、
お米の数量が去年に比べたら少ない事もあり
28年度産の新米は今までの定期購入の方とご予約のお声をかけていただいた方で
締め切りとさせていただきました。
お問い合わせも頂いており、沢山の方にお届け出来ないのが申し訳ないのですが、
来年イベント出店の時や田植えイベントの時のお昼に!
少しではありますが、沢山の人の手で育ったお米を食べていただけたら嬉しいです。


この1年で一番慌ただしかった10月でしたが
楽しみなプロジェクトも進行中でした。
9月に達増部にある古屋さんでてのひらワークスさんの靴の受注会を開催した
ネクストコモンズラボさんの
「つくる大学」が先日サイトをオープンされました!
b0072651_9172124.png

その中のプロジェクトの1つとして、ここ綾織や遠野を舞台に
「馬車を通じて循環型の里山をつくろう」と題し
コミュニティ馬車プロジェクトが始まります!
こちら『コミュニティ馬車プロジェクト
この冬に全5回のロードマップがあり、締め切りが今月21日なので、ご興味あるかたは是非是非です!

我が家に馬が来て
夫念願の馬と暮らす生活が始まって約1年。
まだまだその日常があたり前ではなく、
毎日草を朝晩刈ってご飯をあげに行って、日中は農作業して
今年はとにかくバタバタな農繁期だったけど
これから冬にかけて、近くに馬がいる生活と、
山仕事も始まります。
馬と一緒に循環する里山作りは、なかなかゆっくりペースですが
こうやって新しく始まるプロジェクトや、仲間と作り上げている場、
遠野の馬や暮らしの先輩方と今繋がりながら
自分達の住む里山を大切に築いていけるのは
とてもワクワクします。

今回この馬車プロジェクトを担当している室井 舞花ちゃん
何度も打合せに足を運んでくれました。
b0072651_971732.jpg
二人の服の色合いが…(笑)
[PR]
by sheno27jp | 2016-11-06 09:19 | フウドのお米

脱穀が終わりました!

b0072651_0272919.jpg
お久しぶりの投稿になってしまいました

いつもより3週間遅れた稲刈りと脱穀作業
おかげさまで今日お米の脱穀が終わりました!
1.5町歩。藁もまるった!
雪が振る前に終わらせないとと心配して来てくれた方々
ありがとうございました
終わりました!終わりましたよー!!
ありがたいことに今年のお米もご予約、お声をかけていただいた分で
売り切れになりました。
大変お待たせしましたがやっとご案内がだせそうです。

毎日家族総出で天気を気にかけながら急ぎ足で作業をしていたので
今年はすごく疲れました。でも今雨が降って来て、その前に終えられて
体の力が抜けるくらいホッとしています。

写真は昨日友人に撮ってもらいました。
息子が写っていないのが寂しいけど、
父母と4人の写真って一枚もなかったので嬉しい一枚になりました。

新米のお知らせをブログで出来ないまま売り切れになってしまい申し訳ありません。
後日お米をお取り扱いいただくお店やイベント情報等お知らせしたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
[PR]
by sheno27jp | 2014-11-27 00:21 | フウドのお米

稲刈りのご案内!

b0072651_0352830.jpg
いよいよ風土農園でも来週から本格的に稲刈りがはじまります。
今回は6月に保温折衷苗代で育った苗をみんなで手植えした田んぼの
稲刈りをみんなで出来たらと思ってます!

田植えの時と同じく、去年の10月号で取り上げていただいた
「東北食べる通信」を通して
友人が夕方からジンギスカンを囲んでの交流会も企画してくれました。
稲刈りと一緒に、森や木や自然が身近に感じるような自然と一緒に循環する話、
お米から広がる食や暮らしの話なども出来たらいいなと思ってます。

稲刈り体験、ジンギスカン、そしてお土産付き!
難しい事はわからないけど、自然に育った稲に触れたい。
子どもと経験してみたい!だけで十分です。
よかったらご参加くださいね!


【自然栽培ササシグレの稲刈りをしよう!】 
○日時:10月25日(土)
◯時間10時〜15時半
◯場所:伊勢崎家前田んぼ(遠野市綾織町上綾織)
遠方の方は岩手二日町駅へお迎えに行きます。
10時09分新花巻から釜石線に乗り10時53分着があります
◯参加費①3000円(お昼、おやつ、収穫した新米付き(後日お届け)
・お昼、おにぎりやひっつみ、その他用意しています。
こびる(おやつ)もあるよ!
②5000円(上記+夕方から遠野でおなじみバケツジンギスカンを囲んで交流会、地ビール付き)
○持ち物
・汚れてもいい格好
・長靴又は汚れてもいい運動靴
・手袋
・タオル、着替え、帽子

お問い合わせ:090-2973-9573
tono_fuudo@yahoo.co.jp
b0072651_0541781.jpg
b0072651_0514132.jpg
b0072651_03711100.jpg


お待ちしてます!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
[PR]
by sheno27jp | 2014-10-05 00:37 | フウドのお米
田植えのご案内振りの更新になってしまいました

今年もササシグレの稲穂が頭を垂れ、
風土農園の田んぼも稲刈りの時期を迎えました。
b0072651_11414774.jpg

6月に沢山の方と田植えした田んぼの稲刈りを
10月25日にみんなで出来たらと思っています。

がっ!その前に今回稲刈りをする田んぼで田植え体験した時の
様子をご報告します!

6月にみんなで植えた手植えの田んぼ。
ここは「保温折衷苗代」と言って、田んぼの一角に直播きで籾を蒔き
苗を育てるベットがあります。
まずは成長した苗をみんなで抜いて一つに束ねていきました。
b0072651_11182192.jpg

直播きなので、根がしっかり張っていて、結構抜く作業が大変です。
お話しながわワイワイと。
b0072651_1118174.jpg

その後、線を引いた田んぼに手植え。
みんな裸足で!
b0072651_11182955.jpg

うちの息子も泥水を素足で歩く感覚が面白かったようで
オムツをはいてたのは数分で後は
ずっとお尻だして歩いてました。
b0072651_1145555.jpg

去年は2日かかった田んぼが今年は午後14時頃には全部終わりマンパワーの力に驚きました。
ちびっ子の人数も今までで最多。
小さい子達は、苗代で育ったおたまじゃくしに夢中になっていて、
どろんこの中を楽しんでいました。
b0072651_11211612.jpg

お昼はササシグレのおむすびと、郷土料理のひっつみで。
今年はたくさんの声や足音が田んぼに広がった田植えでした。
b0072651_11383744.jpg

沢山のご縁で繋がったみなさんと、田んぼでお会い出来た事、
そしてそこから広がった出会いが嬉しい一日になりました。

その後、7月には雑草の草採り、8月夏の長雨で少しヒヤヒヤしましたが、
みんなで植えた田んぼの稲はしっかりした稲穂が付き、黄金色になっています。

長くなったので、このあと改めて
稲刈りイベントの詳細をお知らせしたいと思います。
10月25日です!!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
[PR]
by sheno27jp | 2014-10-04 11:46 | フウドのお米

にぎやかな田んぼ

脱穀作業は毎年、父、母、夫、私、と家族総出で行います。
b0072651_12411495.jpg

コンバインは、稲刈りと同時に脱穀も完了しますが、
はせ掛け(天日干し)の場合は
籾の水分量がうちでは15~16%前後になったら
はせに掛けていた稲を外し脱穀していきます。
b0072651_15221429.jpg

この作業はだいたいが父と夫の作業。
脱穀して藁だけになった束がどんどん脱穀機から落ちてくるので
b0072651_13252357.jpg

それを母と私は藁と藁で結んだ紐で束ねていき
まるっていきます。(この作業をまるくと言います)
藁と藁を結んだ紐をつなぎと言い
b0072651_13265416.jpg

我が家では稲刈りが終わって
脱穀が始まる前までに作って用意しておくのですが
稲刈りが終わると、稲刈り中に出来なかった農作業をやるので
つなぎを作ってる時間がない!どうしよう。。。と
思いつつ脱穀が近くなると
たくさんのつなぎが出来上がってて
いつの間にか母が全部作っているんです。

まるく作業も母はものすごく早く、
b0072651_1328167.jpg

男性陣が深く刺した、長いはせ(杭)だって脱穀が終わると
紐を外して、1人で堀上てしまう。
どの四季通しても母と一緒に作業をすると、作業のレベルがまったく違う
b0072651_1329344.jpg

脱穀作業が終わると、まるった藁をトラクターに積み上げ
お家へ戻り、屋根裏積んでいきます。
b0072651_13303046.jpg

昔は、屋根裏からロープを下して持ち上げる作業が大人。
b0072651_13313394.jpg

下で藁をロープに結ぶ係が子供達の作業だったそうで
夫はちょうどこの時間に見たいテレビがあって
いつもそわそわしていたそうです。

稲刈りの時に毎年夫が話してくれるのですが、
夫が小さい頃の稲刈りは、まだ「はせ掛け(天日干し)」が主流で、
家族、親戚総出の作業だったそうです。
田んぼのあちこちに子供達が走り回り、
畦にござを敷き、家族みんなでお昼ご飯やこびる(おやつ)を食べている。
稲刈りが終わらない田んぼには終わった人達が手伝う
「結いっこ」の姿などの風景があたり前にあり
田んぼは人でいっぱいだったそうです。

今は田植えの時から稲刈りまで、人の手でなく、機械で出来てしまい、
家族や子ども達の笑い声、
畦で家族がご飯を食べる風景を見る事があまりまりません。
春、まだ凍えるような寒い気温の中、お米の種を蒔き、
秋、脱穀を終えて、藁を運んだ先日まで、
家族で汗かいて、笑って、たまに親子喧嘩して(あっ夫婦喧嘩もかっ)
今年もにぎやかにお米作りが出来て楽しかったー!

前に親戚の空家にこんな絵が張ってありました
b0072651_13341813.jpg
みんなで田んぼ作業してて、いい絵だなぁ〜

これからはお米作りと共に、こんな風にこの土地にあった風景を
取り戻していきたいなと思っています。
b0072651_13364169.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

25年度産自然栽培米ササシグレは販売終了しました。
来年度からは、農業との新しい向き合いかた
CSA(Community Supported Agriculture)
を東北開墾の食べる通信さんと始めていきます!
よかったらこちらをご覧ください↓
東北食べる通信 
米農家 伊勢崎さんちのCSA


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
[PR]
by sheno27jp | 2013-11-29 12:45 | フウドのお米
脱穀も終わり、お米の近況をお伝えしようとブログを久しぶりに開いたら
わわわっ
稲刈りの時の記事を非公開のままにしていました。
先月の事になってしまいますが、そのまま投稿します^^;


10月中旬から始めた稲刈り。
先週は雨の日が続き一枚の田んぼが稲刈り出来ないままでしたが、
月曜日、無事終える事が出来ました。
b0072651_23373485.jpg

最後に残った田んぼは保温折衷苗代で育てた苗を
みんなで手植えした田んぼ。

まだまだ凍えるような寒い4月、
夫と水でこねながら柔らかくした土で
土壁を作るように何度も何度も土をかけて固めて
b0072651_04244.jpg

苗を育てるベットを作り種を蒔きました。
b0072651_0483094.jpg


5月末、保温折衷苗代は6月に入ると一気に成長するので、
周りが田植えを終え始めても、まだとても植えれる状態じゃない苗を
ジッと見守り…
b0072651_0445132.jpg

b0072651_045064.jpg

6月下旬、しっかり根の張った苗を
お友達も集まってくれ、みんなで手植えしました。

8月にはお米の花が咲き
b0072651_046018.jpg

今年みんなに一本植えで植えてもらった稲はとっても立派な稲に育ちました!
b0072651_23344766.jpg

束ねた稲を持ち上げるたびに、夫と「いい稲だね〜」なんて
何度も言い合いながら、はせに稲を掛けていき
日が暮れる前に稲刈りが終わりました!
b0072651_23355521.jpg

稲と遠くに六角牛山が見えるこの景色が私は大好きなんです。

先に掛けていた稲はお天気がよかったら今週土曜日に脱穀をする予定。
新米に会えるのも、もうすぐだ!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
[PR]
by sheno27jp | 2013-11-12 23:14 | フウドのお米

いよいよ収穫だ!

気持ちいい秋晴れ!
風土農園の稲刈りも
いよいよ今日からスタートです
b0072651_1501094.jpg


お天気のいい日が続いたら月末に脱穀。
11月上旬には新米のお知らせが出来ると思います!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
[PR]
by sheno27jp | 2013-10-10 10:23 | フウドのお米

機械で田植え

2週間程前になってしまいますが
風土農園2013年の機械植えでの田植え終わりました
b0072651_11362061.jpg

4月厚着をしても縮こまってしまうような寒い時期
ササシグレともち米の種まきをしました
b0072651_1137251.jpg
機械植え用の苗は
実家を守ってくれている大きな一本杉の目の前の田の中に
プール栽培で育てていきました。

汗ばむような日が多くなった5月下旬
田に植えられる程に育った淡い黄緑色した苗達
b0072651_11331537.jpg

田植えスタートです!

我が家の田植え機は30年程使っているそうでご覧の通り、
b0072651_11344389.jpg
小さくて可愛いサイズなので、進む速度も可愛いのです
トコトコ機械で植えていき空いたところを手植えします。

今年から風土農園のテーマは「みんなが全部の作業を出来るようにしよう!」
なので、私も田植機に乗って植えました
調子に乗って作付け面積3分の2以上。
でもこれがいいのです!(乗りこなしがじゃないですよ)
みんなが田仕事を一通り出来ると、機械乗ってる人には次これが必要だな、
手植えは次これ手伝ったらいいな、って
全部の次の作業が見えてくるので、はかどるし、お互いの大変な所もわかる。
稲刈りで、はせ掛け(天日干し)をする時のハセを組むのは
男の人じゃないと、たくさん掛かった稲をしっかり支えれるほど
深く地面に突く事は出来ないし、女の人ならではの仕事ももちろんあるのだけど、
一通りの作業を夫、義母、私、みんなが出来たら、最強の田仕事が出来るね!
なんて感動しておりました

ら!そんな矢先、最後一枚の田んぼを残しミニミニ田植機が壊れてしまい…(私が乗ったからか?)
3人で手植えとなりました。

この手植えとなった田はプール栽培で苗を育てた田で、大きな一本杉のご神木と
共にお稲荷様があります。
3人でケンカしたり、大笑いしたり、大騒ぎしながら植えていたので
普段は静かな実家の裏でこの日はお稲荷様も喜んでくれてた…らいいな。


そして、最後にまだ一枚、田んぼが残っています!!
毎年作っている「折衷保温苗代」で育てた苗を手植えする田。
今週22日(土曜日)に手植えします。
小さい田なので、どんなもんかな?って気分でよかったら見に、植えにいらしてください^^/
田の一角に直接蒔いてある苗をよるところから始まります
(tono_fuudo@yahoo.co.jpへご連絡いただければ詳細の方ご案内いたします)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

自然栽培米ササシグレ、発売中
無農薬、無肥料
土と水と自然の力だけで育った
植物本来の生命力がいっぱい
自然栽培米ササシグレ、発売中です!

詳しくは→○こちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
[PR]
by sheno27jp | 2013-06-19 11:50 | フウドのお米

新米だ!

前回の続き。

9月に入ると、稲が穂を垂らし、いよいよ収穫の準備です
b0072651_21323317.jpg

10月いよいよ稲刈り!
両親と一緒に家族みんなで
10日間かけての稲刈りでした。
後半になると、みな体も疲れてきますが
今年は可愛い初孫がいますから、
両親も息子がいると、顔を緩まして稲刈りしてました
そんなこびる(おやるの時間)風景をパチリ
b0072651_21421929.jpg

夫が子どもの頃、稲刈りの時は学校がお休みになり、
あちこちの田に人があふれ、子どもは手伝ったり周りにいる友達と遊んだり
お昼を一緒に食べたり…
稲刈りはにぎやかで楽しい思い出だったそうです。
今はコンバインが主流になり、お昼や小びる(おやつ)を
外で食べている姿はほとんど見られません。
なので、雑草取り同様、この景色もめずらしいのです
でも、みんなお腹がペコペコで、田の畦にござ敷いて
青空の下で食べるご飯は格別です
これも私のお米作りの醍醐味なので
このお昼の時間もずっと大切にしていきたいと思っています
畦でご飯食べたり、おやつ食べたりなんて、農家の特権ですしね

そしてはせ掛け(天日干し)!
b0072651_21452953.jpg

このとおり雑草も一緒に干しているような我がはせ掛けですが
これがきっと田に自然に無理をしていない自然の景色。大好きな光景です。
太陽をたくさん浴びて、遠野の風に吹かれ乾燥し
b0072651_21534413.jpg

脱穀を経て、新米となりました

私も先月実家に帰ってたので、やっと今月新米を食べました
籾から摺りたての玄米を圧力鍋で炊き
炊きたての玄米はピカピカ輝いてます!
夫とやっぱり第一声は「おいしい!!」でした
毎年の事なのに、新米を食べる時は感動してしまいます
年を重ねるごとに、お米が美味しくておいしくて幸せ
今年も田んぼでお米作りが出来た今の暮らしに感謝です

そんな我が家の自然栽培米ササシグレ、発売中です!
お試しサイズ850gもありますので、ぜひご賞味いただけたらと思います

お値段等詳しくは→こちら

そして、渋谷にある「デイライトキッチン」さん店頭からも
お買い求めできます


○お問い合わせがあったのですが、
定期購入も受け付けおります
定期購入の方には
夏〜秋は箱いっぱいに自然栽培で採れた季節の野菜、
冬〜春は自然栽培のお豆や保存食などを一緒にお裾分けしています
是非、お米と一緒に遠野の季節の野菜も味わってみてくださいね



にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
[PR]
by sheno27jp | 2012-12-06 15:15 | フウドのお米
今年も収穫が無事終わり、
ササシグレの新米が出来ました!

息子がまだ小さい事もあり、今シーズンは農園の様子をまったくお伝え出来なかったので、
ここで振り返りをしたいと思います

3月
まだ水の冷たい時期、
ササシグレの籾(種)を山から流れてくる水に浸し芽を覚ます準備から
お米作りがはじまりました。

4月
私達のこだわりでもある
ハウスではなく、田に直接稲の苗を作る「折衷保温苗代」で苗作り
苗の時から自然の中で育ちます
b0072651_1551374.jpg

自然栽培の田んぼは普通の栽培されている田と違い
田植えが少し遅めです。
折衷苗代で育った苗も、田で淡い緑色に育ち綺麗。
b0072651_1555679.jpg
今年も天気を見定め、5月下旬から6月中旬に田植えをしました。

6月下旬〜
やっと田植えが終わったと思ったら、すぐに雑草がお目見えです
朝晩、時間が許す限りひたすら雑草取り。
出来るだけ、化成燃料を使わずに作物を作りたい。
これも風土農園のこだわりの一つなので、除草ももちろん、人力です。
まだ雑草が若い時は、こんな手押し除草機が活躍します
b0072651_14523541.jpg

今年、私は初めてこれを使ったのですが、
一見みると、コロコロと田の中で転がせば雑草も採れると思ったら、
グッと土にこすり付けるように押しながら前へ勢いよく進まないと
草が絡まないので、田を一往復しただけで、炎天下の日はフラフラになりました
見るとやるとじゃ大違いで、それを草採りの期間
夫は何十往復とします

さらに日が進み雑草も大きくなってくると腰をかがめて、手での草とり。
私も、息子が寝てる隙あらば、
着替える時間も惜しいので普段着だろうが
田に立ち寄って草とり
b0072651_1454512.jpg
お気に入りの服に泥の後がチラホラと、名誉の勲章ができました^^:

実は、今じゃ、除草剤で雑草を抑えるのが当たり前の米作り。
なので、こんな風に草とりする必要はなく
初夏に人が田の中にいる景色は遠野でもあまり見られません。
なので、除草剤を使わない私達の田で
汗だくになって雑草とりをしている夫を近所の人が見ていると
気の毒と興味でみんな声をかけてくれます。

夫の馬搬の師匠さんが以前こんなことを言ってくれました
「今は大きな機械に乗って田植えも稲刈りも出来るから
ヘタしたら一度も田に足を入れないでも育てられる
伊勢崎(夫)みたいなやり方は
田の変化にもすぐ気が付くし、田の中歩けば土の中に空気も入っていいだろうし
なにより、田んぼが喜ぶだろうな~俺はやりたくないけどがんばれよ」って(笑)

うちのお米の作付け面積は1,5町歩で
このやり方で私達が栽培するのにはいっぱいの面積です
自分達で手が行き届く
そんなお米作りをしていきたいので
今ある面から田が増える事はないと思いますが
(1.5町歩でも私はとても広いと思うのですよ)
この面積にある稲達は常にどんな状態か夫は全部把握できます
大変作業も1年通してみてみればあっという間
たぶんこの作り方は変わらないだろうなぁと思います

と、お昼ね中の息子が起きてきそうなので、今日はここまで。
それでも、雑草も沢山育ち^^;
今年も雑草と一緒の稲刈り風景はまだ次回です!


○新米販売スタートしました!
よかったら右の欄をご覧くださいね
お試しサイズも作れないかなぁ~と今考え中です





にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
[PR]
by sheno27jp | 2012-11-26 15:33 | フウドのお米

◇ 風土農園 ◇    岩手県遠野市で無農薬、無化学肥料、無肥料の自然栽培でお米作りをしています。 自然に優しい農業、自然と寄り添った遠野の生活を綴っています FB:https://www.facebook.com/tonofuudo/  


by 風土農園