薪の駅プロジェクト

今、私のお家の隣に日増しに
積み重ねられている木
b0072651_18152447.jpg

岩手には
県民1人当り年間1000円負担の
「いわて森林づくり県民税」で
間伐を進めていますが
間伐をしても搬出に経費がかかる為、見合わないという理由で
そのほとんどが
そのまま放置られている
「ステカン」と呼ばれている、切り捨て間伐があり
沢山の木が捨てられています

木が捨てられてるなんて!
もったいない!
それを有効活用できたら!と
うちの旦那さんも参加している
遠野エコネットが「薪の駅プロジェクト」を立ち上げ、取り組み始めました!





そしてうちの隣が…
薪の産直所、薪の駅になりました!

活動は9月から始まって
薪の駅と言うからには、販売出来るように
木を割って、薪を作らないといけないのだけど
薪割りして出来上がり!ではなくて
山に捨てられている木の回収からはじまります

私は木を運ぶ山にまだ行っていないのですが
ステカンと言う木がどう置かれてるか
旦那さんに写真を撮ってもらいました

朝、メンバー各持参の軽トラで目的地まで
うちは軽トラがないのでキューブで(笑)
b0072651_10591026.jpg

これがステカン
2メートルほどの長さで
こんな感じで置いてあって
b0072651_10592735.jpg
これを軽トラに
乗せやすいように山から山道へ移動させます
b0072651_10593840.jpg

細い木から、立派な大きい木が置いてあることもあるそう!

それを軽トラに積んで、薪の駅へ
b0072651_1121232.jpg

後ろ2人で木を運んでいますが
これがかなり重いんですって
私も試しに持ってみましたが、持ち上げすら出来ませんでした
山に放置されたまんまなので、乾燥していないから
大きい木がさらに重さ倍増です

それを、40cmの長さに切り
斧で割ります!

割った薪を束ねて完成!1束¥200です

収益と労力がまだまだ、合わない現状はありますが
「みんなの意識が森林に向き眠ってる資源を有効活用して
持続可能な森林保全がしていきたい!」
とエコネット代表の和さんは言っていました


都内に住んでいた時は
積んである薪を見る事も、木に火をつけるなんて事もする機会がありませんでした
でも、山に囲まれている遠野は
薪になる木の宝庫で
私の住んでるご近所さんでも
薪ストーブ、薪風呂と普段の生活で薪を当たり前のように使っているお家が
何件もあります。エコネットメンバーの中にも。
薪を思う存分使える環境にあるのだから
遠い国から石油を運んで使うより、地元の資源を地元で使えたら
こんなにいい事はないんだけどなぁ~と思います

そして、薪はただ積むだけじゃない!
薪でこんな事も出来ちゃいます☆
b0072651_1153361.jpg



◎杉の間伐材薪販売しています
お問い合わせ等は
NPO法人 遠野エコネット
TEL&FAX 0198-64-2250
E-mail:pahaya@tonotv.com
by sheno27jp | 2010-12-11 11:10 | 遠野暮らし

◇ 風土農園 ◇    岩手県遠野市で無農薬、無化学肥料、無肥料の自然栽培でお米作りをしています。 自然に優しい農業、自然と寄り添った遠野の生活を綴っています FB:https://www.facebook.com/tonofuudo/  


by 風土農園